Skip to content

仕事や生活で忙しいなら産廃許可申請代行を活用

産業廃棄物の収集運搬業をするためには、当局に許可申請をして許可を受ける必要があります。

もし産廃業の許可を受けずに業務をしていると、法令違反ということで罰則が適用されることもあるので注意しなければいけません。ちなみに産廃業許可には有効期限があり、それは5年となっているので、5年毎に更新が必要になってきます。産廃業の許可を得るためには、様々な条件をクリアしなければならず、申請すれば誰でも認められるという甘いものではありません。

例えば、産業廃棄物を収集し運ぶたのめの車輌や施設などが必要とされ、申請の際には車検証や車輌の写真などを添付する必要があります。また事業者の財務状況なども審査され、過去の決算書や納税証明書などを提出する必要があり、債務超過などに陥っていると許可がおりないこともありえます。それから指定の講習会を受けなければならないという条件も無視できません。この講習会がけっこう面倒で、日程や定員などの関係で自分の生活圏で受講できないケースもありえます。

生活圏で受講できない場合は、遠くの会場に行かざるをえない場合もあるでしょう。上記のような条件をクリアして許可申請する必要があるのですが、これを自力でやるとなるとなかなか大変です。経営者は仕事や生活で忙しいですから、許可申請の勉強をしている暇などありません。ですから、実際の許可申請では行政書士などの専門家の力を借りて行うのがいいでしょう。専門家に協力してもらえば、スムーズに申請を行えます。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *