Skip to content

産廃の許可申請に必要な生活環境影響調査とは

産廃の許可申請をおこなうためにはいくつかの条件をクリアする必要があります。

事業計画や経営的に安定しておこなっていけるかなど様々な項目について書類を作成して提出しなくてはなりません。また講習会に参加して産廃に対する知識を得ることも許可申請の条件になります。これ以外に産廃においての許可申請には施設や車両も用意しなければなりませんし、この施設に関しては生活環境影響調査をおこない、この結果を添付資料として提出することが求められます。

産廃の許可申請に必要な生活環境影響調査はミニアセスともいわれ、施設設置によって周辺の環境がどのように変化するのかそしてそれらにきちんと対応できるかなどを予測します。環境への対象は施設の規模によって異なっていますし、自治体によっても条件が違いますので自分が申請する都道府県について確認しておかなければなりません。どのようなことについて調べるかというと大気や水質、騒音や振動、あるいは悪臭などといった事柄になります。

自然条件以外にも人家の状況などの社会条件についても予測することが大切です。このように産廃の許可申請には様々な書類提出が必要ですし、生活環境への配慮も考慮しなくてはなりませんので、自らおこなうことは非常に手間がかかりますし、なかなか事業そのものを始めることができなくなります。ですので、産業廃棄物業を始めるにあたっては、許可や申請を専門にあつかってくれる業者に依頼することが大切です。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *