Skip to content

産廃に関する業務の許可申請と住民生活への配慮

産廃に関する許可申請は通常の場合において最寄りの役所へと届け出ます。

このとき役所側から地域住民への配慮を求めることを指示されたりあるいは要請されることがあります。特に許可を出す前には地域住民から反対運動や反対意見が出ることも多く、環境への負荷なども懸念されることからそのことへの説明責任を果たすように促されたりするわけです。すでに産廃事業を行うことを決めて許可申請を行う前に用地の確保を行っているか、あるいは用地買収の方向で動くわけですが、その前後でも生活への懸念から反対に回る可能性が高いです。

強行に申請を出すことで地域住民から訴訟を起こされることなどもよくあります。説明責任と環境への負荷、影響の問題を含めた説明をしっかりと行うことです。理解を得る努力をせずに産廃業の許可申請を行っても、なかなか上手くはいきません。生活が脅かされるとなると大抵の場合は反対や懸念されてしまうものです。その不安を解消しない限りはなかなか理解が得られず、話が前に進まないばかりか頓挫する危険性もあります。

生活面での不安が払拭され、あるいはそもそも近隣に住宅地などが全くないところでも、風評による点を問題視する個とはあり得ます。近隣に人が住んでいないからと言って説明責任を果たさず前に進めようと思っても、地権者から反対の声が上がることは多いです。そのため、出来る限り産廃の許可申請前に生活への影響がどうかなどの説明及び理解を得る努力が欠かせません。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *