Skip to content

産業廃棄物、通称産廃は捨てる前に許可が必須です

製造業を営む企業からは、多数の産業廃棄物、通称産廃が生じます。

これは普通のゴミとは種類が異なり、捨てる際は許可が必要です。粗大ゴミとして捨てる事は出来ず、自治体に相談して許可を得てから特別な方法で回収してもらう必要があります。無断で捨てたり、家庭ごみとして廃棄すれば無許可での産廃廃棄となり、行政から厳しい指導を受けます。

場合によっては不法投棄となり、法的なペナルティを受ける可能性大です。当然ですが、製造業を営む大多数の企業は産廃を行政のルールに則って正しく廃棄なさっています。ただ産廃が毎回大量に出ると、その処分にも膨大な手間とコストが掛かります。産廃として廃棄する物の中に、もし再利用が可能な物があれば専門業者に相談してみましょう。

経営者の視点からは、ただの廃棄物に見えるものでも、素材によっては無料で回収してもらえます。場合によっては買取してもらえる事もあり当然、ゴミとして捨てるよりも売却した方がお得です。また初めて大量の廃棄物を廃棄する際は、どういった手順で相談すべきか分からない事もあるかもしれません。

そんな時も専門業者に相談して、許可を代行してもらったり、最もお得になる捨て方をアドバイスしてもらうのがオススメです。ひと昔前とはゴミの捨て方が一部異なって来ており、親から工場を引き継いで、初めて産業廃棄物の処分を任された若手経営者の方々は、無暗に自己判断せず必ず専門業者に相談してから、じっくりと捨て方を検討しましょう。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *