Skip to content

産廃許可を得る事のビジネス上のメリット

産廃許可には、一般廃棄物収集運搬業許可と産業廃棄物収集運搬業許可の2つがあります。

不用品回収業者の場合は、前者は獲得困難ですが、後者の方は持っておくと大きいメリットがあります。例えば自動車工場から産廃扱いで出て来る使用済みタイヤであったり、木材工場から出る不要な木材、病院から出るレントゲンやその原液、不要な手袋等を回収出来る様になります。不用品業者にとって、一番ダメージなるのは荷台が空っぽの車を走らせる羽目になる事です。

その分、無駄なコストが掛かってしまう事になる為ですが許可を持っていればそれを大きく減らせます。産廃の回収ルートの構築が必要ですが、その分を差引いたとしても、十分にメリットがあります。他にも条件付きとなりますが、家電リサイクル法で定められた4品目の回収が可能になる事も大きいです。エアコンとテレビと冷蔵庫、そして洗濯機及び乾燥機が回収対象になります。

家庭で出た家電ゴミの中で他の品目は一般廃棄物収集運搬業許可が必要になりますので、回収可能な4品目は不用品回収業者にとって見逃せないポイントです。条件として小売業者又は指定法人若しくは指定法人の委託を受けている事が必須になりますので、その部分はしっかりクリアしなければなりませんが、大きく事業拡大出来るチャンスとも言えます。

各都道府県の窓口で申請すれば獲得出来ますが、その為には暴力団等に関わりがある等の欠格要件に該当しない事が必須です。他には指定講習会に出ている事と経営の基礎がある事、回収に必要な車両と容器と駐車場がある事が求められます。これをクリアしている場合には問題なく獲得出来ますので、事業を拡大したい等目的がハッキリしている場合には検討してみる事をお勧めします。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *