Skip to content

産廃許可取得でできること

工場や企業などさまざまな事業活動に伴い出てくる産業廃棄物、処理や運搬には産廃許可が必要です。

しかし自社の産業廃棄物を運搬・処理するだけでなく、産廃許可を取得することでビジネスにつなげることも可能です。産廃許可を取得してできることは、どんなものなのでしょう。まず代表的なのが不用品回収です。産業廃棄物には古タイヤや木くず、ガレキなど、事業活動によって出た20種類のゴミがあります。これらを回収するために、産廃許可が必要になります。事業活動で出たゴミは一般廃棄物とは異なり、必ず産廃許可を取得したものが運搬・処理しなければなりません。

そのためビジネス利用するには、さまざまな企業と提携しなければ利益が出ません。また、エアコンやテレビ、冷蔵庫や洗濯機などの家電品も回収することが可能になります。基本的に一般家庭から出たゴミは、一般廃棄部として各市町村に出すことができますが、家電類に関しては専門業者が回収しなければなりません。そのため家電販売店やリサイクルショップと提携すればビジネスとして成り立ちます。

これは不用品回収業者として大きなメリットとなり、事業拡大の第一歩に利用することができます。また、産業廃棄物は運搬や処理のための申請が少し面倒なので、その専門業者となり代行すればこちらも大きなビジネスになります。家電リサイクルの場合は積み替えや保管を含みませんが、事業拡大やより大きな利益を得るには積み替え・保管申請がおすすめです。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *