Skip to content

産廃許可申請の要件とは?

産廃の許可を取得したいのであれば、申請に必要な要件を知ることが大切です。

産廃業の許可取得で一番多い分野は、収集運搬業です。申請者の約8割が収集運搬業の申請を行っています。そこで一般的な収集運搬業について確認しましょう。まず産廃業の許可申請では、事業を行うの必要な技術的能力を持っているかどうかを確認するために講習会を実施しています。この講習会は任意ではなく申請者全員が必ず受けなければなりません。さらに講習最終日に試験を行って、合格した人のみが修了証を受け取ることができます。

この試験は合格できなくても3回は受けることができますが、3回目に落ちてしまうと、もう一度講習を受けなければなりません。この講習会の受講者は、個人であれば申請を行う代表者、法人であれば代表者もしくは役員です。地域によって異なりますが、従業員が修了証をもっていればよいケースもあります。講習の有効期限は、新規に申請した場合だと5年間です。新規でない場合は、産廃の許可期限が5年なので、その期限が切れた時に再度受講する必要があります。優良の場合は7年間有効です。

講習日程は協会のホームページから確認することができます。定員があるので早めに予約することがポイントになります。産廃業の許可申請には、欠格条項もあるので自分がそれに該当していないか確認することも大切です。欠格条項はどのようなものがあるかというと、禁固以上の刑を受けてから5年以内である、暴力団員であるなどがあります。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *