Skip to content

産廃業の許可申請は代行してもらうべき

不用品回収業をしている業者が、新たなビジネスとして産業廃棄物の回収や運搬などを始める業者が増えています。

しかし、産業廃棄物の不法投棄などが社会問題になり、産業廃棄物の業者になるための許可が厳しくなっています。産業廃棄物の回収や運搬を行えるのは、業務を行う都道府県の知事の許可を得た所だけです。その産廃業の許可申請の内容は、決められた講習会に出席して終了証をもらうだけではありません。財務諸表ななどの必要な書類を集め、大量の産廃業の許可申請の書類を作成しなければいけません。

多くの業者が、産廃業の申請のための書類の作成に時間を割く人手の余裕がなく、産廃業の許可申請を代行してもらうのが一般的です。どこが代行を行っているのかと疑問に感じる人もいますが、それは書類の作成などのプロの行政書士です。行政書士に代行をしてもらうことで、自分で作成するより書類が迅速に出来るだけではなく、プロなので間違いなく作成してくれます。

行政書士に依頼をすれば、費用が掛かってしまいますが、自分で作成する時間や役所に足を運ぶ手間を考えれば代行してもらった方がいいです。しかし、行政書士ならどこに依頼しても料金やサポート体制が同じというわけではありません。同じ行政書士でも、実績が少なかったりサポート体制があまり整っていない所もありますから、すぐに行政書士を決めるのではなく実績やサポート力などを比較してから決めた方が間違いがありません。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *