Skip to content

産廃許可の申請先を検討することも必要

産廃許可は市町村に対して申請を行うか、都道府県に対して行うかで業務ができる範囲が違ってくるので、手続きに入る前に会社で方針を決めておかなければなりません。

広く収集業を行っていきたいなら都道府県に申請を行うべきですし、広い範囲の対応をしないのであれば、会社が所在している市町村だけに申請を行えばよいでしょう。申請する様式は大まかな部分は同じような内容ですが、細かな文言に違いがあるので作成するときは申請先から取り寄せるか様式をダウンロードして作成するのがよいでしょう。前に一度、産廃許可の申請を行った経験があっても、頻繁に様式が変更になるので最新の様式を入手したほうが安心です。

自社で作成して手続きをすることに不安があるなら、専門家に依頼してサポートを受ける方法があります。受付期間なども決まっているので、業務立ち上げで忙しく申請に出向けないのであれば、行政書士に産廃許可の申請代行をお願いしたほうが有効に時間を使えます。書類は提出したら終わりではなく、審査を受けて問題がなければ業務ができますが、内容が不足していたり欠格要件に該当したりすれば業務を開始できません。

だから、行政書士の方から丁寧な説明を受けて、書類作成以外の部分でもサポートをしてもらうのが得策でしょう。設備や車両をしっかり整え、必要な講習会も受講済みでなければなりません。環境についても配慮し、対策ができる会社であれば産廃許可を得られやすいです。
産廃の許可のことならこちら

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *