Skip to content

産廃の運搬・処理には許可申請が必要になります

新たに産廃業を行おうと考えている人は、行政に許可申請を提出して許可を得る必要があります。

産業廃棄物の収集運搬を業務として行う場合は、「区域を管轄する都道府県知事の許可を受けなければならない。」と定められていますが、会社が存在する県だけではなく、周辺の県知事の許可も必要な場合があります。これは、産業廃棄物運搬・処理に関しては多数の県にまたがる場合が多いからです。大手産廃業者に委託される下請け会社も産廃の許可申請が必要です。許可を得るための条件や提出書類など煩雑なことが多く、運搬するための車両には定められた許可番号などの表示も必要となります。

これらの複雑な処理を自分で行うのは、非常に困難なことが予想されるので、行政書士や司法書士など専門家に委託して代行してもらうのがお勧めです。運搬業務の許可に加えて、廃棄物を処理する施設の設置やその変更にも許可は必要ですし、遠方に運ぶための積替え保管施設がある場合にはさらに厳しい審査になります。

いずれにしても専門家によく相談して許可申請を行う様にしましょう。行政書士などの専門家は、経験と実績が十分にあるところを選びましょう。産廃には多くの種類があり、取り扱う品目によって許可も違ってきます。もし取り扱い品目が漏れていたりすると、業務改善命令や罰則を受けてしまいます。くれぐれも間違いがないようにしなければならないので、慎重に行います。許可申請の代行を専門に行っている所であれば、丸投げしても十分に対応してくれますよ。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *