Skip to content

産廃業の許可申請の概要について

産業廃棄物は適切に回収・運搬し、適切な処理業者によって正しく取り扱われなければなりません。

回収の際には正しく分別したうえで運搬することが求められていますし、処理の際には可能な限り再資源化につなげる必要があります。これらの適切な対応を行うためには、専門知識やそのための設備が不可欠です。そのため、産廃業に参入するためには許可が必要で、それを得るためには許可申請という手続きからスタートします。産廃の許可申請先は都道府県が原則ですが、政令指定都市や中核市の場合は市の役場に対して随時行うこともできます。各自治体のホームページを訪問すると許可申請手続きに関する手引きが掲載されていますので、これを参考にしましょう。

各自治体によってばらつきがありますが、この手引きには申請書(ダウンロード可能)や添付書類、自治体の担当窓口や問い合わせ先、そして手数料などが掲載されています。中でも添付書類は種類が非常に多く、さまざまな注意事項が決められています。この書類をいかに効率よく準備するかが、産廃業にスムーズに参入するためのポイントとなります。産廃業の許可申請手続きは自力で行うことも可能です。

しかし、申請する内容によっては準備すべき書類が増えることもあり、非常に手間がかかります。例えば、同じ産業廃棄物収集運搬業の許可でも、回収した廃棄物を直接処理業者に運搬するのではなく、いったん車両から降ろし、一時的にどこかに保管する「積替保管」という作業を行いたい場合には別途でその許可も必要になります。このように、ケースバイケースで提出する書類が増えることもありますので、許可申請手続きは行政書士などの専門家に任せる方も多いようです。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *