Skip to content

産廃許可申請のプロを頼る利点

産廃の運搬業や処理業を始めるためには、自治体から許可をもらわなければなりません。

許可申請は前もってしておき、それを得てから事業を開始することになります。つまり、許可申請の段階で手こずっていると、それだけ事業開始が遅くなってしまいます。できるだけスムーズに産廃業の許可申請をするためには、専門家に依頼して円滑に申請手続きを行ってもらうのが良いでしょう。産廃を専門とする行政書士が適任緒人材です。行政書士は許認可の書類を作成するプロですが、許認可の種類はとても多く、一人の行政書士がすべてを熟知しているわけではありません。

そこで、この分野を専門とする人材を選ぶ必要性が高いです。この領域を専門としている場合、どのような書式で申請をし、満たしておくべき要件は何なのかをしっかり把握しています。したがって、ヒアリングをしたうえでそれぞれに適した許可申請をしてくれることになります。

もしこれを一人で行うとすれば、下調べをするのに時間がかかります。また、様式や条件を満たしていないことによって不許可となった場合、事業の開始が遅れることにもつながるでしょう。プロに任せればそうした不利益を回避することができます。依頼するのにはもちろん金銭的コストがかかり、産廃の許可申請の場合は申請手数料と併せて25万円から20万円程がかかります。一見すると高い費用ですが、円滑に処理してもらうことができ、失敗を回避できることを考えると、大化に見合った仕事です。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *