Skip to content

産廃収集運搬を始めるには許可申請が必要

新たに産廃収集運搬業を行う場合は、都道府県知事の許可を受けなければなりません。

しかも産業廃棄物を積む場所と降ろす場所の双方の許可が必要で、他府県にまたがった許可申請が必要となる場合が多いのです。又、産廃の積み下ろしを行う場所が保健所政令市であれば、市長から許可を受ける必要があります。この産廃収集運搬業の許可申請を行い許可を得るには、5つの条件を満たさなければなりませんそれは、①「産業廃棄物収集運搬業許可申請に関する講習会」を受講しており、修了書を得ている。②この業務を行う会社または個人が経理的基礎を有していること。

③事業計画を整えていて、それが適法であり、施設や人員など業務遂行体制が確立されている。④欠格要件に該当しないこと。(破産者や暴力団員、および犯罪・法律違反などの懲罰を受けてから一定期間経過していないなど)⑤収集運搬に必要な施設の保有。(飛散・流出・悪臭のおそれのない運搬車、運搬容器等が用意されていることで、扱う産廃の種類ごとに細かく定められている)の5条件です。

これらの条件がすべて満たしている証明書類を用意するのは非常に大変ですし、受付の対応も県によって異なるので、とても煩雑な業務です。全国の行政書士事務所では、この産廃収集運搬業の許可申請代行を行っています。これらの事務所を利用すれば、煩雑な申請を代行してもらえ、営業するにあたってのアドバイスも受けられます。さらに今後の更新や業務変更の場合にも便利です。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *