Skip to content

産廃の許可申請について

産廃業を営むにあたり、自治体に許可申請をしなければなりません。

もちろん、許可申請をすれば完了ではなく、実際に許可が下りることが合法的に事業を開始するための要件です。産廃の許可は種類があって、収集運搬業と処理業があります。さらに収集運搬業では積替え保管の有無で許可要件が変わりますし、許可には品目があるなど手続きは複雑になります。そこで、産廃の許可申請は行政書士に任せてやってもらうのがおすすめです。行政書士ができるのは、書類の作成や役所への提出をはじめとして、申請のための相談なども広くやってくれます。

そのため、短期間でけりを付けることができてスムーズに業務を始めることができるメリットがあります。多くの行政書士がいますが、実績が豊富なところを選んでおけば安心です。処理を任せるだけの経験があるので、間違いなく仕事を完遂してくれるでしょう。許可を得て事業を実際に始めた後も、法律に違反しないようにしていかなければ取消されてしまったり罰則を受けたりしてしまったりします。

行政書士に相談しておくと、気を付けるべきポイントを助言してもらえるなど、事業開始後にも役に立つのも利点です。費用は、申請手数料と行政書士に支払う報酬が必要になりますが、手数料は申請の種類によって異なり8万前後になります。報酬も事務所が独自に設定するのでそれぞれ異なります。安いところだと報酬が8万円程のところもありますが、高いところだと20万円程に設定しているところもあります。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *