Skip to content

産廃の許可申請は正しい選択をする必要がある

産廃の収集運搬をするには、自治体の許可が必要になります。

積替保管をする場合は、保管施設のある自治体の許可も必要となります。また、処理業も同様に自治体の許可を要し、いずれも違反した場合は廃棄物処理法に定められた罰則が適用されますし、許可が取り消されてしまうこともあるので注意が必要です。いくつかの自治体をまたがって活動するようなケースは、特に注意する必要があるでしょう。産廃の許可申請をするには、事業に適した許可をもらえるように申請しなければなりませんが、複雑なのでよくわからないという人も少なくないでしょう。

実務でどのように処理されているのかの基準もわからなければ、許可申請のしようがありません。かといって、調べるのには時間がかかるので、機動的に産廃業を始めたい人にとっては大きな足かせとなってしまいます。確実に迅速に許可申請を行いたければ、専門家を活用するのがベストです。

依頼するコストはかかりますが、それに見合う対価を得ることができます。産廃を専門とする行政書士がこの領域では専門家で、申請についての相談から実際の申請の代行まで行ってくれます。事業を開始するにあたっては、会社設立をすることもあるでしょう。行政書士の中には、創業融資相談や会社設立手続き等も代わりに行ってくれることがあります。一つずつ別に頼むよりもセットで依頼したほうが安くなることも少なくないですし、スムーズにすべてやってもらえるので、必要ならこれらも扱っているところを選ぶと良いです。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *