Skip to content

産廃業の許可申請は代行業者を使う方法もあります

産廃業とは産業廃棄物を取り扱う従事者の総称で、産業廃棄物の回収および運搬を行う業者、産業廃棄物を受け入れて処分を行う業者などに分かれています。

両者の業務を行う産廃業者もいますし、いずれかを専門に手掛けている会社もあるなど様々ですが、産業廃棄物を取り扱う事業者は許可申請手続きを行い、許可を得た上で業務を遂行することが法律で定めてあるのです。無許可営業は基本的に法律に違反していますし、産廃の許可申請を行っているけれども、許可が得ていない段階でも実質無許可になりますので、許認可を得た段階からの事業開始になります。

会社を立ち上げて産廃業を始める人も多いかと思われますが、設立登記が完了したからと言って、許可が下りていないのに事業を始めるわけには行きません。処分業の場合は、施設がある場所を管轄している知事許可を得ることが必要ですし、回収および運搬業においては、営業を行う地域毎に許可申請が必要になってくるため、手続き自体も多くなりがちです。

こうした時に便利なのが、産廃業許可申請を代行している業者を利用する方法です。これは行政書士が代行を行っているもので、経験や実績を確認した上で依頼をすれば、手続きすべての作業を代わりに行ってくれます。現在、特定エリアでの許可を持ち営業を行っている人が、他の地域の許可申請も行う時などは、業務に支障をきたすこともあります。しかし、代行業者を利用すれば業務を続けながら申請ができるメリットもあるわけです。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *