Skip to content

産廃許可申請にはポイントがあります

産廃許可申請にはいくつかポイントがあります。

産廃許可申請は施設に係る基準や申請者の能力に係る基準などを満たして上で許可申請することが可能です。許可基準は都道府県によって異なり、産廃の申請準備をスタートする場合は申請する都道府県毎の許可基準などをよく理解しなければいけません。いくつか条件を満たさなければいけない項目があり、例えば運搬車両の使用権限があることや、駐車場の使用権限があることがあげられます。

有効期限内において産業廃棄物処理業講習会の修了証を有していたり、事業を的確に継続し経理的基礎を有することなどが必要です。許可の欠格事由などに該当しないことも必要で、これらの条件をパスするときちんと許可を得ることができます。例えば運搬車両の使用権限があることに関して、自動車検査証において使用者欄や有効期間などをチェックしましょう。申請日において申請登録している運搬車両に関して、申請者が使う権限を保持している必要があるでしょう。

運搬車両の使用権限は自動車検査証の所有者や使用者欄において確認することが可能です。例えば東京都の場合は使用権限があると認められる条件としていくつかあり、借受車両つまりレンタル車両の登録が認められていないので注意が必要です。条件として自動車検査証を使用している者が申請者ときちんと一致している場合や、自動車検査証にある使用者欄が何も書かれておらず、所有者と申請者がきちんと一致している場合になります。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *