Skip to content

産廃の許可申請のプロセス

産廃とは産業廃棄物のことを言います。

産廃は自由に廃棄してはならず、廃棄物処理法という法律で事業者自らが処理するか、もしくは都道府県などから許可を受けた処理業者等に委託して処理をすることと決められています。そのため事業者はきちんと各都道府県の許可申請を得た業者に、産廃の処理を依頼・委託する必要があるのです。産廃を取り扱う産業廃棄物処理業は大きくふたつにわけられます。産業廃棄物収集運搬業と産業廃棄物処分業のふたつです。

これらそれぞれが許可申請を地方自治体に行います。特に難しいのが産業廃棄物収集運搬業の許可申請です。これは廃棄物の「積んだ土地」と「降ろす土地」それぞれの都道府県の許可が必要となります。通過のみの場合は必要ありません。そのため多くの土地の許可申請が必要となり、大規模業者の場合はほぼ全国の許可を取得しているというケースもあります。取得には条件があり、事業者としての健全性もチェックされます。

提出書類には直近3年分の決算書と納税証明書が必要となるのです。もし新規で事業を起こすのであれば、資産内容を掲載した報告書を提出する事でクリアとなります。さらに「収集運搬に必要な施設があること」や「講習会を受講していること」などが求められます。ここまで厳しいのは産業廃棄物が飛散したり流出して環境を汚染しないようにするためです。「経理的基礎を有すること」も条件となっており、処理できる財政能力を保有しているかどうかも問われます。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *