Skip to content

産廃の許可申請をスムーズに進めるために

産廃業者の許可申請をスムーズに進めるためにはいくつかの項目に関して十分に準備をしておかなければなりません。

その中でも重要な事は実際に産業廃棄物を適切に処理した実績を作ることです。法律を適切に理解しこれを実践することができることを証明することで、認可する側も安心して処理を任せることができる確証を得ることができるため、この実績が大きければ大きいほどスムーズに許可申請を行うことができるようになるのです。産廃業者として法律で定められた条件は、産業廃棄物の処理を適切に行うことができる知識を持っていることと、その処理を適切に行うための設備を保有していることに加えて、その実績を持っていることが必須です。

この中で産業廃棄物の処理に関する知識は法律を勉強すればよく、また必要に応じて知識のある人材を雇用することで補うことができますし、処理を行うための設備は自ら保有することが最も良い方法ですが、設備を持っている企業と業務提携や契約を行い間接的に保有していることも認められる要因となっています。そのためこれらはそれほど厳しい条件とはなっていないのですが、実際に産業廃棄物を適切に処理した実績は自ら作り出さなければいけないものとなっており、その実績を作ることに多くの時間を費やしてしまうことが多いのです。

産廃業者の許可申請をスムーズに行うためには、まずは実績をしっかりと作ることが必要となります。そのため様々な産業廃棄物に移管して実際に処理を行い早めに実績を作っておくことが産廃業者の許可申請をスムーズに行うだけでなく、実際に産廃業者として活動を始める際にも非常に重要な要素となっているのです。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *