Skip to content

産廃業の許可申請前に必要な生活環境影響調査

産廃業として収集運搬や処理を行う施設を計画するために許可申請をするときには、生活環境調査も行います。

これは実際に建築する予定地での処理を行った時に、生活や周辺への環境への影響を調べるものです。廃棄物といっても定められている20種類と輸入された廃棄物が産業廃棄物となり、これ以外は一般廃棄物になります。一般廃棄物は主に家庭から出る生ごみや粗大ごみなど、オフィスから出る紙くずなどの可燃物、レストランなどから出る生ごみなど事業活動に伴い排出される事業系のものも含みます。

各市町村が処理責任を負っていて収集や運搬、処分をします。産業廃棄物は、事業活動で出る廃棄物で法律で定められたもので業種に関係なく該当するものと、特定の業種で当てはまるもの区分され固形状や液状のものです。また、同じ産廃の許可申請でも、爆発性や毒性、感染症など人の健康や生活環境を害する恐れがあり特別な管理が必要なものは特別管理産業廃棄物です。産廃の許可申請や生活環境影響調査をするときは、事業活動の区分も知っておく必要があります。

これは製造業や建設業などに限定されず、オフィスや商店などの商業活動や地方自治体、学校などの公共活動や地域の任意団体も含めたものです。廃棄物かそうでないかの判断は、占有者が自分で利用して、または他人に有償で売却することが出来ないために不要になったもので出来ます。これに当てはまるかどうかは、その物の性状や排出状況、通常の取扱い形態に取引価値の有償、占有者の意見などを総合的に把握してから判断します。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *