Skip to content

産廃の許可申請における生活環境調査とは

産廃の許可申請においては、いくつかの条件をクリアしなければなりませんし提出書類も数多くあります。

また提出先の都道府県によってその書き方などは異なっていますのできちんと確認して書類を作成しなければなりません。また産廃施設設置においては、許可申請をおこなうためには生活環境の調査も必要ですが、これは平成9年に法改正に伴って義務付けられました。

この産廃における許可申請のための生活環境影響調査とは、施設を設置する事業者が計画段階においてまずは周辺の地域への影響を前もって調査しておくことで、いくつか項目がありますが一般的には大気汚染や水質汚濁、さらに騒音や振動、そして悪臭などになります。産廃の許可申請におけるこの生活環境影響調査の結果に基づいて、それぞれの地域への影響を十分に配慮した対策をとったうえで施設の計画を進めることになりますし、この報告書に関しては産廃の許可申請時に添付しなければなりません。

対象地域は施設の大きさなどにもよりますが立地などから考えて生活環境に影響が及ぶであろう地域で設定します。このように産業廃棄物業における許可の申請には非常に手間と時間がかかりますし、こうした生活への影響を判断する調査などもおこなっていかなければなりません。これらを自らおこなうことは非常に大変ですし、何かしら不備があったり不十分な報告ですと審査に通りませんので、すみやかにおこなうために専門家に依頼することをおすすめします。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *