Skip to content

生活の話、産廃の許可申請

我々が生活していく上で廃棄物は日々沢山排出されています。

家庭ででるごみなどの一般廃棄物に加え、産業廃棄物は日々多く排出されているのです。産業廃棄物は産廃とよばれることもありますが、これは、例えば工事現場ででるものや、物をつくる工場などによる事業活動に伴って生じた廃棄物のことを言います。この産廃物は、廃棄物処理法により燃え殻、汚泥、廃油、廃酸、廃アルカリ、廃プラスチック類など20種類に分類されています。

産業廃棄物を排出した事業者においては、原則として排出した産廃物を自らの責任で処理することになっていますが、自らできない場合は、産業廃棄物処理業の許可を持っている産廃業者に処理を委託することも可能です。産廃を行う際には許可申請が必要です。処理を行おうとする場所等の都道府県知事や政令市長の許可が必要ということを指します。許可申請の詳細については、都道府県知事や政令市長のホームページ等で詳細を確認することも可能です。

許可申請書様式等はダウンロードできる地域も多くなっています。廃棄物の処分に適する処理施設を有することなどの施設に係る基準と、収集運搬や処分を的確に行うに足りる知識および技能があり、それを的確にかつ継続して行うに足りる経理的基礎を有することといった申請者の能力に係る基準の二つをクリアーしている必要があります。生活の中で廃棄物を決められたルールにのっとって処理することは生活全般を守る上でも大切なポイントです。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *