Skip to content

産廃の許可申請は環境生活部などの部署に出します

他人の産業廃棄物の処理を事業として行う場合に必要なのは、都道府県の知事の許可を受けるという点です。

産廃の許可申請は、各都道府県の役所の生活環境部など名のついた部署のうち、廃棄物対策を行っている窓口に申請するようにします。部署の名称は都道府県自治体などによって変わる場合がありますが、おおむね生活環境部か環境生活部などが入っている部署となります。

産廃の申請・相談においでの際は、事前に電話等で連絡するようにしましょう。積替え・保管を含む収集運搬業許可申請の場合やまたは処分業許可申請の場合には、許可申請に先立ち、各都道府県の産業廃棄物処理指導要綱などの名称がついたガイドラインに基づいて適正に手続きを行う必要があります。産廃の許可を受けるための手引きとその申請書類については、それぞれの県のホームページにpdfファイルなどの様式で提供されています。書類の指示にしたがって利用すると良いでしょう。

産廃の手続きのうち、水銀廃棄物については近年水銀廃棄物の適正処理について、新たな対応が必要となりました。水銀使用製品の産業廃棄物や水銀含有ばいじん等を取り扱う事業者が、処理業の更新申請の前に、許可証への記載を希望する際には、変更届出の提出が必要となっています。このように、産廃の取り決めに関しては状況により変更する事例もあります。新たに申請をする人も、許可申請の更新をする人も事業所を所轄している県の方針などに関しては定期的に確認しておくようにします。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *