Skip to content

生活を守るための産廃許可申請

安心して生活できる環境を整えるために、産廃や通常の廃棄物は廃棄物所r法にのっとって処分される事が決まっています。

加えて、産廃を排出した業者は、原則自分で廃棄物を処理する必要があり、不可能である場合は廃棄物の処理許可を持った業者に処理を委託する事が出来ます。このように廃棄物を処理するためには許可申請が必要となり、処理を行おうとする都道府県に届け出をしなければなりません。また、廃棄物の中でも一般廃棄物と産廃では区分が異なります。

家庭生活を営む上で排出されたごみが、一般廃棄物です。排出者によっては「生活系一般廃棄物」と「事業系一般廃棄物」に分けられます。一方で事業活動によって出たごみは基本的に「産廃」とされています。「産廃」を廃棄する場合は許可申請が必須となり、取り扱う都道府県それぞれの地域で許可を取得する必要があるのです。もし2県において処理を行うのであれば、2県分の許可申請を行う必要があります。

廃棄物を処理する場合、業者の選定は非常に大切なポイントとなります。そのためには業者の事業内容の確認や経理的な状況、処理フローの確認などをチェックする必要があると言えるでしょう。正しい業者を選ぶためには、さらにリサイクル率なども確認するのが望ましいと言えます。出来れば業者を決定する前に、業者ホームページの確認や行政処分の対象となっていないかなどをしっかり確認するのが良いでしょう。契約を更新する際には、現地調査をするのもひとつの手段です。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *