Skip to content

生活を守ってくれる産廃業の許可申請について

住民の生活になくてはならない産廃の回収業者ですが、その認可を受けるには厳しい基準があります。

一口に産廃業者といっても、その業務は多岐に分かれていて、業務の内容ごとに許可申請をして許可を得ることが必要です。通常は県や市などの生活環境課などに準じた部署で受付をしています。産廃は普通、許可を得た産業廃棄物の運搬業者が、収集して運び、中間業者を通じて処理業者が処分します。

すべて一貫して行っている大手の産廃業者もありますが、個人や中小企業で産廃業を始める場合、産業廃棄物の運搬業が多いようです。それでも、それなりの機械や車などの保有が求められますし、事業計画の提出も必要です。許可申請も積み替え保管の有無で違います。又、許可を得るには財団法人日本産業廃棄物処理センターが実施する産業廃棄物処理業の講習会を受講して修了することが条件です。この講習会は、47都道府県で実施されていますさらに、特別産業廃棄物を扱うのか扱わないのかでも許可条件が違ってきます。

扱う廃棄物の内容、種類によって保有していなければならない設備や施設の内容があるので、広い分野で業務を行うには、様々な設備をそろえておく必要があります。例えば、汚泥を扱うにはドラム缶や汚泥吸引車が必要ですし、動物の死骸を扱うには腐敗防止の保冷車が必要になります。住民の生活に係る重要なことなので、細かく決められているので、許可申請を受けようと考えている人は、専門の行政書士事務所などに相談することをお勧めします。
産廃の許可申請の代行のことならこちら

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *