Skip to content

住民の生活を守る産廃業でも許可申請は必要です

快適な生活を維持するためや、工場からでる産廃を処理する産廃業者を立ちあげるためには、産業廃棄物収集運搬業許可申請が必要です。

生活を守るのに重要な業務になり、環境も守らなければなりません。そのため、産廃業者として申請するには次の条件を満たしていることが必要です。1.産業廃棄物収集運搬業許可申請に関する講習会を受講。財団法人日本産業廃棄物処理センターが実施している講習の受講と終了が必要です。2.経理的基礎がしっかりしていること。具体的には「利益が形状で来ていること」「債務超過の状態ではない事」となります。

適正に継続して業務を行える経済的基盤が必要で、その細かい条件は申請先ごとに異なります。3.事業計画を整えていること。産廃業はその業務を適正に行わないと、環境や行政、住民の生活に大きな影響を及ぼします。そのため、適正な事業計画が必要となります。4.欠格要件に該当しない事。申請者が暴力団であったり、過去に法令に違反した実績がある場合には許可が受けられません。又、過去に廃棄物処理法違反などで許可が取り消された経験がある人も対象です。

欠格事項は細かく決められており、一つでも該当すると申請が許可されなく、発覚した場合は許可が取り消されます。5.収集運搬に必要な設備・施設を保有していること。当然ではありますが、産業廃棄物が飛散したり流出し・悪臭が漏れるなどが無いように、適正な運搬車や施設の保有が必要となります。このように、産廃の許可申請はその要件が細かく決められています。申請に必要な業務の手助けをしてくれる会社もあるので、相談してみましょう。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *